我が家に姫が,やってきた。

どん!

kka

KUOTA KURARO、麗しのクラーロ嬢である。

説明しよう。

kk3

↑2次元。↓現実(3次元)

kk2
なんと美しいフォルムであろうか。

個人的お気に入りポイント↓
kk4

うふふ。

さてさて,というわけでロードバイクを買ったのである。

2週間前,ふとした衝動から某スポーツバイク店へ足を運んだ。
初めは,大学時代と同じような赤い自転車を求めていた。
ネットで調べてスイスのBMCの自転車がかっこいいなーと思っていたのだが、
店舗に行ってみると欲しかったシリーズは完売(といっても欲しかった機種は2011年モデルなのでそらないわな)。
売られてるのは完全に予算オーバーなものだったので残念だがあきらめることにした。

丁寧に対応して下さった店員さんにいちからメーカーや自転車の構造を聞きまくり、
自転車を知った気になって、居続けること2時間。

選択肢の沼で溺れかけていた、丁度そんなときである。

2013年モデルの

KUOTA KURARO(クオータ クラーロ) 105仕様kk6

まあ一目惚れである。

デザイン個人的にビビットきた。かっこよかった。

細身でスタイリッシュな感じなのだが、ダウンチューブやシートポストがでかいので凄い存在感がある。ワイヤーがフレーム内に内蔵されていたり、細かな気くばりが随所になされている。
好感の持てる仕事だなあと思った。こういう細やかな工夫がとても好きだ。

色のバリエーションがこの一台のみで、他の色を検討することができなかったのが残念だが、この白黒のカラーは先日の平沢進氏のライブと重なるところがあっていいじゃないか、縁がある。

大きさもたまたま自分のサイズに丁度いいものが一台だけ残っていたのである(好きな車種でも身体の大きさにあったサイズがない場合がある)。

予算がちょっとオーバーすることになったが、まあそんなことは関係ないのである。

好きになってしまったら止められないのだ。

もう一台、リドレーの真っ赤なフレーム(フェニックス)も気に入っていたのだが、一日考えてクラーロに決めた。

余談:オレが店に来る10分前ぐらいにたまたまラジオ収録で「弱虫ペダル」の某クライマーの声優さんがきてこのリドレーを買って行ったらしい。
というわけでこの自転車もサイズ合うのがこの一台のみだった。これは迷うっショ。

いろんなメンテナンス部品やらパーツを買いかい、納車を待つこと2週間。

----そんなんこんなで2月1日----

納車後は早速、持って帰るために新宿から神奈川の家まで14キロを走ることになった。

まあ、速い速い。
原宿や渋谷の人混みの中をかけ抜けるのは中々大変だったが、何もない道はこげばこぐほどグングン進むのである。

楽しいい。

地図も無しにノリで進んでいったら案外着いてしまった。
しかし、やっぱり専用のウェアを着ないとおしりが痛いな。

さて、今はとにかくただ走るだけで面白いのだが、今後は目標を立ててロングライドに向かいたいのである。
今年のゴールデンウィークは千葉の実家まで自転車で帰省しようと思う。約100キロだが何とかなるだろう。
京都の自転車乗り友(兼絵描き)と京都-東京間を縦断するのは野望である。

kk5