春1.5

無事誕生日を迎えたこともあり、遅ばせながら春の絵である。

春一番が吹いたのはあまり気づかなかったが春1.5あたりが吹いたのは気づいた。そして思う。春ゆえにたいそう眠たい季節である、と。

spring tide

spring tide

イメージは大好きな映画「シッピングニュース」(ラッセハルストレム監督)、何回も途中で寝てしまってなかなか完走できなかった「惑星ソラリス」(アンドレイタルコフスキー監督)を見た影響が大きい。シッピングニュースの主人公(ケビンスペイシー)がベットで寝ていると水が溢れて海に飲み込まれるシーン、惑星ソラリスでのオープニングの藻、ヒロインの凍って瀕死になるシーンが印象に残っていたのである。

眠りを水に浸かるというイメージで描いた何とも安直な作りである。非現実的な絵にしたかったためキャラクターの顔が天地が逆になるような構図で描いた。春イコール桜という表現も恥ずかしげもなく使ってしまう。

p-modelの名曲(特にライブバージョンが)tideを聴いている際に、ふと「spring tide」という文字列を検索してみると高潮という意味というのがわかった。春の日に偶然聴いていた音楽のタイトルが潮が満ちるという意味の単語になるので非常に運命めいたものを感じた。


ドイツに思いを馳せる。

3月はお世話になっている京都府立大学の欧米言語文化学科の先生方のドイツ書籍の装丁などを作った。ついでに学生時代に短期留学をしていた思い出の写真などをいくつか見返し、感慨にふけってしまった。夏は外国にでも行きたい季節である。

作ったデザイン。

学会誌azur2015

学会誌azur2015

シリーズもののAZURである。青空という意味のフランス語であるが毎回前回のデザインとかぶらないような形でデザインをさせていただいた。今回から担当の先生が変更になり新しい気持ちで取り組めた。青が映えるデザインを心がけた。

 

そしてAZUR担当の先生の研究報告書もデザインさせていただいた。古い本のページをコラージュしたようなデザインを依頼され、使用モチーフなども多く頂いたので非常に楽しくデザインさせていただいた。

横道誠先生 研究報告書

横道誠先生 研究報告書

もうすぐ春である。