2013年、夏。

ブログ8のコピー

 

お盆は特に休みを取らず、家でひたすらお絵かきの日々。絵は所要で使う素材集。普段パソコンで絵を描くことが多いのでこういう時は積極的にアナログで描く。

ただの挿絵を描くにしても何か意味を持たせたかったので、

時間に自由なもの⇔時間に縛られるもの

走るのが遅いもの⇔走るのが早いもの

晴れ⇔雨

生⇔死

みたいに、対立したものをモチーフに描き描き。

鉛筆の線はいいなあ。最近は個人で作るものにはできるだけ最小限のパソコン処理だけで、できるだけアナログの汚れを残したタッチを使いたいと思っている。

最近自分らしいもの、自分が求められているものはなんなんだろうと考えてしまうことが多い。でも、自分が携わる作品をできる限り自分なりによくしたいという思いをそのまま絵にしていけばおおむねいいように思った。

新しいことを学ぶと自分の個性を消してまで技術に慣れようと焦って戸惑ってしまうが、それはそれ、これはこれでうまい具合に自分の力にしていけばいいのだな。

デッサンやり始めた時のことを思い出した。

ソフトに頼らない、シンプルだけど味深い作品をこれからも目指していきたいと思う。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です