ライブの方法2の感想。

平沢ライブCDの話。

5月21日に待ちに待った平ちゃんのニューアルバム。「ライブの方法2ー導入のマジックー」が発売。

いやー、学生時代からこういうCDが出てほしいなと望んでいたので、本当に嬉しい。

最近の師匠の制作スピードやライブの開催などの早さが尋常でないので少し不安ながらも一ファンとしてはとても嬉しいわけだ。

さて、今回のアルバムはライブ録音の出囃子含めたオープニングナンバーで構成されている。平ちゃんのライブははじめが異様にかっこいい。日常から非日常へと変えてくれる音が本当に気持ちいい。

01:崇めよ我はTVなり (パラレル・コザック Ver)

この曲はビストロン(核Pファーストアルバム)を聞いた時にはあまりぐっとこなかった曲なのだが、今回のアレンジで本当に惚れた一曲。最初のピーガガガーのノイズからリズムの入りがかっこいい。本当に宗教みたい。これを赤坂のテレビ局前でやるのだから平沢はパンクである。

02:嵐の海(PHONON2550 Ver)

嵐の海はとても好きな曲の一つ。このアレンジはテクノの海を旅しているような浮遊感が何とも言えず、気持ちいい。

03:Big Brother(パラレル・コザック Ver 仮想ライブ)

メカノバージョン+パラコザアレンジ。まあ名曲ですな。「連呼せよさあ 思慮は今罪と知るべし」の繰り返しが個人的にツボ。はあかっこいいわあ。

04:Solid Air(PHONON2553 Ver)

恵比寿リキッドルームの記憶がよみがえる。このアレンジを大学生の登下校の時に口ずさんでいたのはいい思い出である。もっと早く音源がほしかった。レーザーハープの弾き方もものすごくかっこいい。

05:庭師KING(PHONON2555 Ver 仮想ライブ)

さて庭師。夕暮れ時に畑を耕しているような雰囲気から弦の重厚なサウンドが入ってくる流れがすごい。インタラクティブライブで氏がこう出てきて客がこう歓声を上げてというのがすごく想像できる作りになっていてとても楽しい。庭師はヒーローだ。

06:二重展望3.4(トーキョー・ビストロン Ver)

核Pのサウンドはエッジがきいていていいなあ。パラレルコザック含め展望シリーズはリズムに乗ろうとするとリズムを狂わされ、なかなかにツンデレなところがとても好きである。

07:ソーラ・レイ2(Solar Live Ver)

本当はハンターをたたえる歌の朗読もつけてほしかったアレンジ。しかしこのスピード感というかなんというか。ソーラ・レイ2はオープニングナンバーにはもってこいだなと改めて思った。低音が濃いのがいい。

08:Sim City(ノモノスとイミューム Ver)

これはすごい。大学の院試がありいけなかったライブだったので悔しさがよみがえってきた。結局駄目だったので余計悔やまれる。平沢の声は朗読に向いている。ものすごく創造力を高めてくれる。サンミアもちょっとエッチな声でまた魅力的。客の絶叫と盛り上げる音楽で圧倒されてしまった。はやくDVDで見てみたいな。

10月のライブはどうなるんだあ。いやはや仕事しすぎな氏にはつくづく感謝であります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です