ドイツに思いを馳せる。

3月はお世話になっている京都府立大学の欧米言語文化学科の先生方のドイツ書籍の装丁などを作った。ついでに学生時代に短期留学をしていた思い出の写真などをいくつか見返し、感慨にふけってしまった。夏は外国にでも行きたい季節である。

作ったデザイン。

学会誌azur2015

学会誌azur2015

シリーズもののAZURである。青空という意味のフランス語であるが毎回前回のデザインとかぶらないような形でデザインをさせていただいた。今回から担当の先生が変更になり新しい気持ちで取り組めた。青が映えるデザインを心がけた。

 

そしてAZUR担当の先生の研究報告書もデザインさせていただいた。古い本のページをコラージュしたようなデザインを依頼され、使用モチーフなども多く頂いたので非常に楽しくデザインさせていただいた。

横道誠先生 研究報告書

横道誠先生 研究報告書

もうすぐ春である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です